プロフィール

DAI

Author:DAI
昼は普通のサラリーマン。
実は熱狂的なシアペンナムジャ。
大学→社会人になり、未だ“キム家の3男”の野望を捨てないドリームボーイ(*^_^*)

いらっしゃいませ
今、見ている仲間は?
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三途の川渡りかけたXIAコン

まず、いきなりどんな記事タイトルやっちゅー話ですよ(笑)






歴史的なアジアツアーの幕開けであった

『 XIA 1st ASIA TOUR CONCERT
T A R A N T A L L E G R A   』


の初日レポを、書かせて頂くのに


このタイトル(笑)


今、歴史的絶好調のXIA兄さんに対しても


失礼極まりないっちゅー話ですよ。





o0440058611965925067.jpg
(歴史的絶好調中のXIA兄さん)









でも、ほんまに


三途の川渡るかと思ったんですよ!!!







XIAのソロコンサートの初日(この単語だけで鳥肌)に

行けるという気持ちの高まり。



生で聴いた「愛が嫌いなんだよ」の

あまりの声の美しさ。



アルバム曲で終始見せる

ウリ絶好調兄さんならではの、ドヤ顔



マサカノ一人『Mission』



そして、スタンディング(別名ハーレム天国)という

甘い言葉に隠された『圧迫死』という恐怖\(゜ロ\)(/ロ゜)/









普段、(一応)24歳の年下キャラで

XIAペンさせて頂いてる僕(テヘペロっ)としては

非常に、様々な体験をしたコンサートになりました!

resize0692.jpg
resize0693.jpg



5月19日(土)

前日までの殺人的リーマンスケジュールを

クリアした僕は

ライブ当日に韓国入りしたのでありました。



無事、パパラッチを振り解き

会場に到着すると、現れたのは

XIA WORLD一色の

素晴らしい世界でした!



resize0694.jpg
resize0695.jpg
resize0697.jpg



大きなXIAの垂れ幕に

ペンの方々の米花輪。

次は、個人名で米花輪を出してやろうかと

強く思いましたwwww





そして

周りのヨジャペン達の視線を

気にしながら、恥ずかしくも撮ったのが

コチラ! ↓



resize0696.jpg




コレ、普通にピースしてますけど

めっちゃ恥ずかしかったんですよww



ナムジャペンとして

誇りは持っているけれど

やはりここは24歳のシンデレラシャイボーイ。(←)

周りのヨジャ視線攻撃に

いくらXIA兄さんとのツーショットが撮れるという

機会であれ

かなり赤面ショットとなったのでした。




しかも、突如現れた

動画撮影クルーのお兄さんwwwwww






ここぞとばかり

「おもろい画が撮れるぞ!!」と

顔から露骨に伝わる程

ニヤニヤしながら、僕が写真を撮っている所に

レンズを向けてくるもんだから



「アンデ!!チョルテアンデ!!(絶対アカン!の意)」と、

お兄さんを振り払うという

場面あっての写真撮影となりました。





(バカの妄想にしばらくお付き合い下さい。)


だって、顔出し世界デビューにも

やっぱり順序ってのが大切だと思うし

まずは、ジュンスの空港サジンに写り込むっていうのが

僕の思い描く顔出し世界デビューの構想。


んで、その後にジュンスのツイッターに

フォローされて

「おいおい誰や誰や?あのDAIって奴は?」って

全世界のシアペンに名前が浸透。


その後も

度々出てくる空港サジンの男に

全世界が興味津津。


結果、ジュンスがツイッターで

「ウリ トンセンイヤ(僕の弟や~ の意)」

と、僕とのツーショット写真をアップ。



そして、韓国の芸能ニュースで取り上げられ・・


ってのが、正しい順番だと思うワケ

(↑お付き合い頂き、ありがとうございました)






やっぱり、自分の将来は

自分で考えないとね^^←





そんなこんなで

時間が過ぎ、入場予定時間(開演2時間前)に

なったので

そそくさと、スタンティングの入場待機列に

入ったワケですよ。



だって、知らない間に入場始まって

見る場所が後ろになるのもいやじゃないですか~。



だから、満を持して

ちゃんと予定通り並んだワケなんですけど





この2時間

僕、ほんまに孤独だったんですよwwwww






結局、入場は開演20分前くらいにしか始まらないわ



スタンディングに並ぶ列に

日本人っぽい人が少ないわ



なにせ、男一人で来てる奴なんて

誰ひとりもいないっぽいわ
(連れて来られた系の人はいましたが・・)



入場番号が変に、前の方だったもんだから

ヨジャの大群を追い越してると

まぁ、感じる感じるヨジャの視線がww





自過剰じゃないよ!

リアルだよ!爆






「うわぁ~あの人、男で一人みたい!」

「うっそー本当に?しかも日本人っぽくない?」

「だろうね~しかも、210番だってww私より席良いって

どーいうことだおいww」





みたいなね(゜レ゜)

内容はちゃんと聞いてはないですけど

明らかそんな雰囲気を

ひしひしと感じれる、そんな視線でございました(汗)




とは言っても

やっぱり、XIAペンの人って

本当に優しくて(まだこの時はそう思ってた・・




僕が、状況が掴めずに

番号よりも少し後ろに並んでいたら

「あなたの番号、ここですよ!」って

わざわざ教えてくれたんですよね^^



僕なんかにわざわざ言わなければ

自分は少し前で見れたかもしれないのに

ちゃんと声を掛けてくれたこと

本当にありがたかったです。







そんなプチ感動体験をしつつ

結局1時間半も待ちぼうけをくらい

立ちっぱなしの状態に若干の苛立ちを

隠せないでいた矢先



ついに死への扉が開かれたのでありました・・





題して

『スタンディング、逆ハーレム圧迫伝説の巻。』




男24歳たるもの

今まで色んなライブに行ってきました。

もちろん、ライブハウスでの過酷なスタンディングも

たくさん経験してきていました。





なのに

そんな僕が、そんな私めが

XIA登場と共に

前のヨジャの髪の毛を食べることになるくらい

たくさんの圧力をかけられるだなんて

オモッテナカッタヨ!!!\(゜ロ\)(/ロ゜)/








僕は、開演前・・いや

韓国入りにする前から

本当に楽しみにしていました。



「ジュンスは一曲目、何歌うんだろう?」

「一曲目から感動して、涙でちゃんと見えないんじゃないかな?」



今、考えたら

ほんと可愛い考えだったと思いますよ。







実際のところは

オープニング映像が流れたとたん





① 後ろから謎の圧迫


1曲目の『Breath』で

XIAが華々しく登場!!!




② 左から謎の圧迫


③ その衝撃により持ってたペットボトルが落ちる。


④ DAI、早々の水分源喪失により唖然。




XIAが曲中で腰を振る。



⑤ 会場ヨジャ全員発狂


⑥ スタンディング席が狂気に満ち溢れる


⑦ ヨジャ、XIAの腰にくぎづけ


⑧ ヨジャ、XIAの腰に飛びつきたい願望


⑨ 後部多数ヨジャ、XIAの腰に飛びつきたいが為に

  前へ前へと身体を捻じ込む!


⑩ タイトなジーンズに捻じ込む 『私』という戦うBody!←


⑪ DAI、予想を遥かに超える圧力を受ける


⑫ DAI、それが気になって『Breath』の感動を噛みしめるより前に

  自分を守るのに必死ww




2曲目『No Gain』
3曲目『Set Me Free』



⑬ Set Me Freeで会場大盛り上がり!


⑭ DAI、大好きなSet~が流れテンションあがる!


⑮ 飛びはねたい!


⑯ 飛びはねようとした!


⑰ でも、その瞬間、前のヨジャが飛びはねた!


⑱ そのヨジャの髪が、口の中に侵入!


⑲ 焦るww取りたいwwでもXIA見たい、ノリたい!


⑳ 頑張って取った!気付けばSet~も2番目www









・・・・どーよコレ?笑


ここまでで、周りの人の体温で汗ビショビショだし


髪は口に入るし


右、左に怖いくらい人が流れるし


何度も足踏まれてこけそうにになるし







サッキマデヤサシカッタヒトタチ

ドコイッタンダヨー!!!\(゜ロ\)(/ロ゜)/










本当、韓国のスタンディングの恐ろしさを知ったね(笑)


結局、ライブの前半は


XIAを必死に見につつ、自分の身を守りつつで


記憶が曖昧(笑)





憶えてるのは

エリザベートの『最後のダンス』を

歌った時くらいからですもん(^_^;)




そうそう!

今回、まさかの『エリザベート』と

『モーツァルト』の楽曲を歌ってくれるなんて

思ってなくて

本当に感動しましたね(ToT)/~~~



特に『モーツァルト』の

「僕は音楽」という曲は

本当に大好きな曲で

今でも、あの曲を聴くと

初めてミュージカルと見た時の

情景や姿を思い出す事が出来る

思い出の曲なんです。



その曲を、まさか歌ってくれるだなんて

思ってなかったので

涙無しでは、聞けませんでした。





そしてやっぱり極めつけは

アルバムにも入っている

『愛が嫌いなんだよ』です。




僕は、この曲を生で聴きたいが為に

ソウルまで足を運んだといっても過言ではないくらい

本当に楽しみにしていました。




すごく当たり前の事なんだけれど

この歌を歌っている時のXIAは

更に気持ちが籠っているというか

やどっているというか

ガラッと表情が変わるんですよね。




ただ、歌詞を歌うだけじゃなくて

雰囲気、表情、声、息、身体

すべてから、この歌詞の世界を

表現するんですよね。




それを直に感じることが出来て

僕は本当に良かったです。







一泊二日、男が単身ソウルまで行って

わざわざライブを見に行く。


それって、普通の人からしたら

「なんでわざわざ?ww」って

思われることかもしれません。



スタンディングでは圧迫による身の危険を感じ

そのせいで、後の1週間は疲れが取れずに

仕事も大変でした。





でも、それっぽっちのことで

XIAのライブを見に行けて

直接、XIAの『今』を感じれる。



シアペンとして、これほど幸せな事は無いな。って

思っています。






彼から溢れる音楽への情熱と

メッセージ。

お金の価値以上のものを

受け取ることの出来る瞬間を

これからももっとたくさん

迎えていきたいです。






これからも続くASIA TOUR

同じ想いを全世界のたくさんの人が

感じ、共有出来れば

いいなと思います。




そして、いつかきっと

日本の空にも

このバルーンが浮かべば

いいな。

resize0698.jpg














PS.

またまた、うちわ買っちゃったぜ(゜レ゜)


resize0700.jpg






クリックが僕の励みになります。

スポンサーサイト

COMMENT

お疲れ様です!!!コンサートの感動とXIAへの大きな愛が感じられるレポでした^^スタンディングきついですよねー日本より韓国のほうが熱狂的ぽいからさらに…無事で何よりです笑
DAIさんのレポ読んで、あたしもひとりでも行けばよかったT_Tって今すごく後悔してます…。
それだけの女性の中にDAIさんがいたらきっと目立つから、ジュンスからも見えたかな?!
これからもブログ楽しみにしてます~^^

三途の川渡らなくて良かったヽ(;▽;)ノ

DAIくん☆
ライブお疲れさまでした
ライブに行けてほんとうに良かったですね
XIAさまに会えてほんとに良かったですね(/ _ ; )
…それにしても韓国スタンディングライブおそるべし
DAIくん無事で何よりです\(^o^)/
これからもジュンスの音楽にいっぱいいっぱい触れる機会がありますようにo(^▽^)o
どうせ三途の川渡るなら、ジュンスの歌やダンスの感動でいきたいですね~\(^o^)/

はじめまして。

はじめまして。以前(シア遭遇事件)のTwitterを頼りに参りました。

初日のレポ、すごく興奮が伝わってきて楽しかったです(^^)
文才がお有りなんですね。

そういえば、ひたちなかの投げキッスのお相手はDAIさんだったんですね( ´ ▽ ` )
当時、会場にいたシアペンの私は嫉妬してしまいましたぁ。

また、お邪魔させてください。

ご無事のご帰国なによりです!

今回のスタンディングの地獄絵(!)、本当に凄まじかったようで、DAIさんが無事でよかった。
レポ楽しみにしていたので、嬉しいです!
バルーン、綺麗ですねぇ(うっとり)・・・。
全世界でソロコン、各国の空でこのバルーンが浮かべばいいな、
なんて思っています~。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おかえり。

おかえりなさい。
腹がちぎれるくらい笑ったよ!
いつかJYJのライブ会場でお会いできたらうれしいな。
ちなみに、ひたちなかでは、同じ並びでしたが・・・。

あのバル~ンを日本でもあげられるよう応援し続けましょうね。

シアコンレポ…めちゃくちゃ笑わせて貰いました( ´艸`)

髪の毛食べるって(笑)

私も、初日スタンディングでしたが結構良く見えました(^_^)b
どうにか、他の国も行けないものかと考え中。
私の、チングにもJYJペンのナムジャ居ますよ(o^^o)

お疲れさまでした

シアコンお疲れさまでした。
あまりにもレポがおかしく笑いっぱなしでした。
本当に楽しいレポありがとうございました。
本当に文才が・・大学ではレポート得意だったのでは?
又楽しいお話期待してます。

DAIちゃんおかえりなさい。
私のパソコンも今日帰ってきて、DAIちゃんのレポがあがっていてラッキーでした。

大変だったんでしょうが、笑わせてもらいました。

せっかくいい席だったのに、でもある意味思いで深いコンサートですね。

アルバムで聞いてもあんなに素敵なのに生だったらどんだけでしょう。
そしてダンスまで見れるなんて・・・

うらやまシア!!

DAIちゃんの楽しいレポで、いつも行ったように楽しさを分けてもらって
ありがたいです。

今回は命カラガラといった所ですね。

早く体力を回復して、また面白い記事書いてください。お疲れ様でした

ご無事でご帰還(^-^)

レポート待ってました~(^-^)

感動と汗、苦難と逆境のスタンディングXIAレポ、いつもながらの圧倒的な臨場感でわくわくしました。

本当に感動しました。

アーティストジュンスを深く愛し人間ジュンスを優しく見つめる暖かなDAIさん、どんな青年なのか想像で頭パンパンです。

それにしてもあのスタンディングは過酷すぎましたね。

着席から見てましたが無事に終わったのは蚕室の奇跡です(*_*)

レポ待ってました♪

なんだかライブに行ったような気分になりました。
韓国ライブ行ってみたいと思ってたけど、やっぱりファンが熱狂的で大変そうですね;
男1人って勇気いりますよね。でもきっとジュンスも嬉しいと思います。2人のツーショット写真早く見たいなぁ(笑)
「愛が嫌いなんだよ」わたしも大好きです!
CD初めて聴いたとき泣きました~

これからも楽しいお話たのしみにしてます☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

わあ、一人でいかれたんですか(^^)
スタンディング席凄かったですよね!
私はあんなに人の頭皮の匂いを嗅いだ事はなかったですw
ジュンス兄貴本当にカッコ良かったですよね!
私は今年からのファンですが出会えて幸せです^^

お仕事頑張ってくださいね~^^

年末に韓国のスタンディングライブに参戦します
スタンディング初なので色んな方のレポ漁ってたところ、かやりの衝撃のブログだったのだコメントさせていただきました。
シアコンの体験談、リアルな様子が想像できました。
私も圧迫死されないようにしたいと思います。

EDIT COMMENT

非公開コメント

お知らせ
ランキングバナー
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
★☆★☆★☆
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。